美容外科で豊胸の施術

胸が小さくてお悩みの方は美容外科にての豊胸の施術がお勧めです。美容外科では、2種類の豊胸施術をしています。1つ目は1~2カップ程のサイズアップが出来る注射方式です。

2つ目は何カップでもサイズアップが出来るシリコン方式です。注射方式は跡が残りずらく簡単に低価格てする事ができますが大きなサイズアップは難しいです。シリコン方式は傷跡が残る場合がありますが大きなサイズアップが可能です。

どのくらいの豊胸を希望するのかで方法は違いますが医師との相談で決める事が出来るので医師の判断を仰ぐもの適切な方法となります。

脂肪注入の豊胸、受けるまで

脂肪注入による豊胸美容整形を受ける時には、大体どれくらい前に受けておけば自分がなりたい体になるためにぴったりなのでしょうか?まずは予約を入れてカウンセリングをします。その後にどういった施術をもちいて自分の理想の体に近づけるのかということを医師と相談します。ここがとても重要で、わからないことがあればすぐに確認するようにしましょう。

豊胸はその日の内にそのまま施術を受けるというのはまずありませんのでそこから施術を受ける日を決めていきます。施術を受けてからダウンタイムに入りますので、1か月から2か月前に受けておけばいいのではないでしょうか。

最近主流の豊胸、脂肪注入

豊胸の美容整形といえば思い浮かぶのがシリコン製のパックを入れて、胸を大きくするものだと思うのですが最近ではこちらのパックを入れる人も少なくなってきました。

こちらはシリコンの大きささえ変えることができればいくらでも大きくすることができるのでどんな人でも理想の大きさまで大きくすることができるのですが、シリコンという素材の性質上中で破裂してしまったり、時間がたつにつれてしぼんできてきまったり、そもそもシリコンに対してアレルギーがある人は受けることができないというデメリットがありました。こちらを解消してくれたのが脂肪注入です。

脂肪注入による豊胸のメリット

最近人気のある豊胸手術の一つに脂肪注入による施術が挙げられます。なぜこちらの施術に人気が集まっているのかと言いますと、なんといっても一石二鳥の感じが素晴らしいからです。どういった面で一石二鳥なのかと言いますと、脂肪をなくすことができかつ胸を大きくすることができるのです。

なぜならこちらの施術は自分の体の不要な脂肪を除去して、胸に動かすという施術ですのでどちらの夢も叶えることができます。まず脂肪をなくしてから、その豊胸手術を受けようかなと思っていた人は折角なのであれば一緒に受けてみてしまってはいかがでしょうか。

脂肪注入による豊胸のデメリット

脂肪を少なくして自分の理想のラインを手に入れることができて、かつその上胸を大きくすることもできる脂肪注入による豊胸手術は、最近では美容整形の中でも人気のある施術の一つですが、何かデメリットはあるでしょうか。

物事にはメリットがあれば当然デメリットもあります。どちらも知っておくことで、今後自分がどういったことに気を付けていくべきなのかを把握することができます。最大の問題点としては、脂肪を除去して胸に入れるのですが、そもそも除去する脂肪がない人は施術を受けるのが難しいのです。ある一定以上の脂肪率がないとこの施術を受けることができません。

美容外科kunoクリニック

東京銀座院
〒 104 – 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階

大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階

http://www.d-biyou.com/
http://www.d-biyou.com/michelangelo/
http://bust.k-biyou.com/
http://nose.k-biyou.com/
http://eye.k-biyou.com/

脂肪吸引、脂肪注入による豊胸手術、二重まぶたにする二重整形、隆鼻などの鼻整形、レーザー脱毛などの美容整形。Vaserによる脂肪吸引、豊胸が特色。