脂肪吸引の後の運動

スリムな身体を目指すために、美容整形で脂肪吸引の施術をしてもらったという方もいるでしょう。
短期間に目に見えやすい効果を実感することができるため、高い人気のある方法です。

そんな脂肪吸引をした後には、できるだけ激しい運動は避けておくことが大切です。
日常的な動作ぐらいならば施術直後からでも行うことができますが、痛みや違和感が出てしまうこともあるため、安静にしておくことが大切です。
一般的には一ヶ月でそうした症状は完全に引いていくため、それまでの間は脂肪吸引部分に負荷をあまり掛けないように心掛けておくと良いでしょう。

vaserで行う脂肪吸引

部分痩せの方法として、美容外科で行う脂肪吸引があります。ベイザー波という超音波を用いて脂肪を溶かして吸引する方法をvaser(ベイザー)といいます。ベイザー波は血管や神経などを避けて、脂肪だけを溶かすことができます。従来の器械よりも、強力な威力があります。

vaserは皮膚のすぐ下の固い脂肪も溶かすことができて、約9割の脂肪を吸引することができます。また、従来の脂肪吸引よりも出血や腫れや痛みが少なく、短い時間で施術が終わるのが特徴です。今まで吸引が困難だった部位や痩せている人でも施術が可能になりました。吸引後の皮膚のたるみも少なく済みます。

脂肪吸引ではvaserがお勧め

脂肪吸引は美容外科でやってもらうことになります。これは医療的行為になるからです。どうしても身体を傷つけることが必須になりますから医師でないとやっては駄目、ということになっているからです。そのやり方としてあるのが、vaserになります。

このやり方はとにかくダメージが少ない、というメリットがあります。血管や索状組織へのダメージが少ないので出血が少なく、ダウンタイムが短くなります。従来の施術に比べて手術時間が短いことも魅力のひとつといえるでしょう。さらには、脂肪吸引後によくある皮膚たるみの心配がまったくない、という利点もあります。

今話題沸騰中の脂肪吸引

少し前から新聞、インターネット、テレビ、雑誌などのマスメディアで話題になっているものが、脂肪吸引という施術方法です。食事制限、運動、マッサージといったダイエットではなかなか思うように行かず挫折することの多い部分痩せを、脂肪細胞自体を吸引するため、簡単に、リバウンドのリスクも少なく、傷口も目立ちにくいため綺麗に行うことが出来ます。

また、一言で脂肪吸引と言っても沢山の種類があり、費用、自分の体型、体質、仕上がりの差や引き締めなど様々な効果に違いがあり、自分のボディーラインの理想に近づくことが出来ます。

痩身法の1つ脂肪吸引について

脂肪吸引はカニューレという吸引管を使用し、除去したい部分の脂肪細胞を取り除くことでボディラインを整える方法です。脂肪細胞を吸引するため、通常のダイエットと比べてリバウンドする心配がなく、気になる部分だけ細くできるメリットがあります。

脂肪吸引は体重を落とすよりも、ボディラインを美しくすることに重点が置いてあります。部分痩せを可能としているのは、脂肪を取り除きたい部分から直接取り除くことで、痩せ身を実現しているということが挙げられます。施術後に多少残った脂肪細胞が肥大してしまったとしても、脂肪細胞の数自体は減っているのでリバウンドの可能性も最小限に抑えられます。

美容外科kunoクリニック

東京銀座院
〒 104 – 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階

大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階

http://www.d-biyou.com/
http://www.d-biyou.com/michelangelo/
http://bust.k-biyou.com/
http://nose.k-biyou.com/
http://eye.k-biyou.com/

脂肪吸引、脂肪注入による豊胸手術、二重まぶたにする二重整形、隆鼻などの鼻整形、レーザー脱毛などの美容整形。Vaserによる脂肪吸引、豊胸が特色。